1. HOME
  2. >
  3.    
  4. 移転価格税制のコラム
  5. >
  6. 定量分析

定量分析

独立企業間価格の算定にあたり、比較対象企業をデータベースから絞り込む手続きをスクリーニングといいます。
スクリーニングには、定量基準によるものと定性基準によるものがあります。定量基準によるスクリーニング(定量分析)とは、条件を数値などにより指定して母集団から絞り込むものです。通常の手順としては、まずデータベースから定量分析により一定程度まで絞り込み、その後数値では測れない項目について分析する定性分析により、さらに絞りこむ作業が行われます。
定量分析では、一般的に下記の条件等により絞り込みが行われます。
・業種(産業分類コードなどを用います)
・地理的条件(国・地域など)
・独立性指標(比較対象企業は独立企業でなければならない)
・事業規模が著しく異なる企業の除外
・黒字企業でない企業の除外
・研究開発費比率が高い企業の除外
お気軽にお問い合わせ下さい
TEL 03-6434-9713