1. HOME
  2. >
  3.    
  4. 移転価格税制のコラム
  5. >
  6. ローカルファイルの更新

ローカルファイルの更新

ローカルファイルの更新頻度には正式な定めはありません。
しかしながら、国税庁『独立企業間価格を算定するために必要と認められる書類(ローカルファイル)作成に当たっての例示集』では、信頼ある比較可能性分析を行うためには、比較対象取引の選定及び情報の更新を毎年行うことが望ましいですが、国外関連取引と比較対象取引における事業の状況が変わらない場合には、比較対象取引の選定を3年ごとに見直すこととしても差し支えないと記載されています。
この場合、自社の取引の状況および比較対象取引として選定した外部会社の取引の状況に変更がないことが前提となっているので、更新の必要性を検討する意味での見直しについては、毎年行う必要があるといえます。
また、更新の手段にも、比較指標のみ最新の事業年度のものにアップデートする形や比較対象取引の選定から見直すような形もあります。実際に信憑性の高い数値を維持するためには、どこから見直しを行うべきか検討する必要があります。
お気軽にお問い合わせ下さい
TEL 03-6434-9713