1. HOME
  2. >
  3.    
  4. 国際税務とは
  5. >
  6. 在庫保有代理人とPEの関係

在庫保有代理人とPEの関係

在庫保有代理人とPEの関係

在庫保有代理人とは、外国法人のために、顧客の通常の要求に応ずる程度の数量の資産を保管し、かつ、当該資産を顧客の要求に応じて引き渡す者であると、国内法において規定されており、代理人PEとして取り扱われておりました。
しかしながら、OECDモデル租税条約においては、在庫保有代理人の規定はないためPEには該当しませんでした。
このように、国内法とOECDモデル租税条約との代理人PEの規定の違いにより、国内法ではPEとされるものが、OECDモデル租税条約ではPEとされない状態となっておりました。
そこで、OECDモデル租税条約との平仄を合わせるため、平成30年度改正により、在庫保有代理人の規定が削除されることとなりました。
お気軽にお問い合わせ下さい
TEL 03-6434-9713