1. HOME
  2. >
  3.    
  4. 国際税務とは
  5. >
  6. 非居住者及び外国法人に対する課税

非居住者及び外国法人に対する課税

日本の所得税法及び法人税法では、非居住者及び外国法人に対する課税については、所得の発生源泉地が国内にあるもの、いわゆる国内源泉所得に限ることとしています。
事業所得については帰属主義に基づいており、国内源泉所得でも、PE(恒久的施設)帰属所得についてのみ申告納税を行うこととしています。
事業所得以外の所得については、源泉徴収方式や申告納税方式など納税方法は所得によって異なり、対価の支払者が源泉徴収の上、納税を行う場合も多くありますので、国内源泉所得の区分別に、納税方法を下記に紹介致します。

・非居住者の場合
・外国法人の場合
(出典:国税庁「平成31年(2019年)版源泉徴収のあらまし」)

上記の説明は日本の所得税法及び法人税法の規定に基づいております。租税条約MLIによって取り扱いが異なる場合もありますので、ご留意下さい。
お気軽にお問い合わせ下さい
TEL 03-6434-9713