1. HOME
  2. >
  3. 移転価格税制文書化

移転価格税制文書化

多国籍企業のグローバルな活動・納税実態を把握するため、BEPSプロジェクトの勧告をふまえて、平成28年度税制改正において、下記文書を税務署に提供(または作成・保存)することが義務付けられております。

 ● 独立企業間価格を算定するために必要と認められる書類(LOCAL FILE)
 ● 最終親会社等届出事項
 ● 国別報告事項(COUNTRY BY COUNTRY REPORT)
 ● 事業概況報告事項(MASTER FILE)

税制が整備されたことにより、特にLOCAL FILEについては調査時に調査官から求められた場合に提示または提出が必要になるなど、移転価格税制文書化は非常に重要なものとなってきております。

弊法人では、これまでの経験・知識を生かし、日本に進出している外資系企業が準備するべき上記文書の作成及び作成指導を行います。
お気軽にお問い合わせ下さい
TEL 03-3664-7713