1. HOME
  2. >
  3. 国際税務とは

シークレットコンパラブル

シークレットコンパラブルとは、課税当局が納税者に対して算定根拠となる比較対象とした企業や比較対象取引について開示を求めた場合において、納税者側から何も資料の提示がされなかったときに、課税当局が一方的に独立企業間価格を算定して推定課税することを言います。課税当局は守秘義務の観点から推定課税する際に算定基礎となった比較対象企業名や比較対象取引を具体的に開示しないため、推定課税を受けると納税者にとっては非常に不利な立場に置かれることになります。このような不公平感を軽減するため、近年では、以前に比べて選定のために用いた条件や比較対象取引の内容、差異調整の方法等を納税者へ説明する傾向にありますが、推定課税自体を受けることを回避するためにも納税者側で事前に文書化対応しておく必要があるといえます。特に年間の売上が100億円規模の会社については、文書化は必須といえます。
お気軽にお問い合わせ下さい
TEL 03-3664-7713