1. HOME
  2. >
  3. 国際税務とは

移転価格調査による二重課税

移転価格税制は国際間の税金の取り合いであるため、日本で移転価格課税された場合でも、相手国で減額してもらえることはないため、二重課税が生じることになります。反対に相手国で移転価格課税をされた場合でも、日本側で更正の請求をすることはできませんし、追徴税額を支払った場合でも支払った年において損金算入することはできませんので、ここでも二重課税が生じることになります。ただし、相手国との間で租税条約を締結している場合には、相互協議(後述)によることになりますので、相互協議によって合意した場合は二重課税が救済されることになります。
お気軽にお問い合わせ下さい
TEL 03-3664-7713