1. HOME
  2. >
  3. 国際税務とは

最近の動向(その3)

日本のみならず諸外国でも事業を広く展開している外資系企業の中には、すべての子会社について移転価格の問題が起こりうることを親会社の方でも認識している場合があります。各子会社で移転価格問題を引き起こすリスクを軽減するためには、親会社でグローバルな移転価格ポリシーを策定しておく必要があります。日本子会社における営業利益率が他の関連会社における営業利益率より低い場合は、要因を調査した上で文書化対応(Documentationの作成)することによってリスクを軽減することができます。すなわち、移転価格問題はグループ企業が一体となって対応することがよいと思われます。
お気軽にお問い合わせ下さい
TEL 03-3664-7713