1. HOME
  2. >
  3. 国際税務とは

最近の動向(その2)

移転価格課税の特徴として、遡及可能年度が6年間であるということもあり、会社が当初考えていた金額よりも追徴課税額がはるかに多額に及ぶことがあります。例えば年間売上高が十数億円の会社に対して数億円の課税を受けることもあり、中小企業であれば追徴課税を受けることにより会社の存続自体が危ぶまれるリスクにさらされることにもなります。すなわち、移転価格の問題は経理部だけでは対処できない問題に発展する可能性があることから、トップマネジメントが理解をしてきちんと関与していく必要性があります。
お気軽にお問い合わせ下さい
TEL 03-3664-7713