1. HOME
  2. >
  3. 国際税務とは

価格調整金

価格調整金とは、実際の取引価格と独立企業間価格との差額を金銭で支払うことをいいます。期末になって取引価格を遡及して改定して価格調整金を支払うと移転価格のリスクがあります。ただし、取引価格について遡及して価格調整する旨の合意書を取引開始前に取り交わしており、かつ計算方法、支払い理由、支払いを決定した日、実際の支払い日等が明確で合理的なものである場合は、移転価格のリスクを軽減できる可能性があります。

一方、国外関連者との取引の営業利益率が国内取引の2倍生じていた場合に為替調整金として支出した金額について、過去に寄付金認定されたケースがありますので、留意する必要があります。
お気軽にお問い合わせ下さい
TEL 03-3664-7713