1. HOME
  2. >
  3. 国際税務とは

移転価格の算定方法及び差異調整

独立価格基準法(CUP)、再販売価格基準法(RP)、原価基準法(CP)の基本三法を適用する場合は、比較対象取引との差異について差異調整を行う必要があります。差異調整の主な項目として、棚卸資産の種類や役務内容の差異調整、取引規模、市場の相違、決済条件の差異、取引当事者の機能差異、会計処理の差異調整などが挙げられます。ただ、これらの情報は非公開であることも多いため、実務的に比較対象取引を抽出することは難しく、従って差異調整についても高い信頼性をもって行うことは難しいと思われます。そのような場合は、基本三法を適用することができないため、取引単位営業利益法(TNMM)や残余利益分割法(RPSM)などの基本三法以外の方法を適用することになります。実務的にも

調査の現場では、比較対象取引の抽出や信頼性が高い差異調整が不可能との理由から、取引単位営業利益法(TNMM)や残余利益分割法(RPSM)が採用されることが多くなっています。納税者側もそのような当局の傾向からTNMMを採用した文書化対応が増えています。 
お気軽にお問い合わせ下さい
TEL 03-3664-7713