1. HOME
  2. >
  3. 国際税務とは

プライシングポリシー

親子会社間での価格決定に際し、具体的な移転価格ポリシーはないが、両社の間の取引については一定のマージンを乗せているし、特別な事由がない限り価格変更をしていないので、移転価格の問題は無いのではないかという質問を受けることがあります。移転価格とは、親会社と子会社の果たす機能及び保有するリスクに基づいて利益を適正に配分することが目的ですので、経済状況等の変化に基づき定期的に見直す必要があります。独立企業間価格を算定するには、比較対象取引を具体的に洗い出すことが必要ですので、単に親子会社間での取引価格を変更していないから所得を海外へ移転させている訳では無いという主張のみでは、移転価格調査に耐えうることはできません。
お気軽にお問い合わせ下さい
TEL 03-3664-7713