1. HOME
  2. >
  3. 国際税務とは

寄付金課税との関係

日本親会社が海外子会社を立ち上げるに際して負担した費用、海外子会社への無利息金銭貸付、海外での販路拡大のための広告宣伝費の負担費用等は、国外関連者への寄付金とみなされ、全額損金不算入となります。ここで国外関連者へ経済的利益を供与した場合、寄付金課税されるのか、あるいは移転価格課税となるのか判断が難しいところですが、例えば海外子会社へ商品を通常よりも安い価格で販売した場合で、合理的な理由がないときは寄付金課税、原材料の高騰等の経済環境の変化が要因で第三者に対しては価格変更をしているにもかかわらず、海外子会社へは常に安い価格で販売しているようなときは移転価格課税となることが多いと思われます。
お気軽にお問い合わせ下さい
TEL 03-3664-7713