1. HOME
  2. >
  3. 国際税務とは

文書化した方が良い場合

文書化しておいた方が良い場合として、①国外関連者との取引金額が多額である場合、②国外関連者の営業利益率が、国内取引に比べて高い場合、③同業他社と比較して営業利益率が大幅に相違している場合、④ロイヤリティなどの無形固定資産を有している場合などが挙げられます。具体的には、国外関連取引の内容を記載した書類及び独立企業間価格を算定するための書類を作成する必要があります。
お気軽にお問い合わせ下さい
TEL 03-3664-7713