1. HOME
  2. >
  3. 国際税務とは

移転価格税制のコラム

外資系企業は、国外関連者間で取引を行っているため、必ず移転価格の問題がついてまわります。最近の傾向として大規模法人は事前確認(APA)へ移行しておりますので、移転価格の調査は中規模法人が調査のターゲットになりつつあります。

もし、移転価格の調査が入った場合に、日本法人の利益率が親会社や他の海外の子会社の利益率よりも低いときは、移転価格の更正リスクは高くなります。調査では必ずなぜ利益率が低くなったのか理由を聞かれます。例えば景気変動、為替変動、製造工場の操業度の低下などの移転価格以外の要因によって利益率が低くなっている場合がありますので、利益率が低くなった原因を解明しておく必要があります。 
お気軽にお問い合わせ下さい
TEL 03-3664-7713